ここでは特定技能ビザのうち、建設業について解説します。
このビザでは下記のような職種で勤務することができます。

  • 型枠施工
  • 左官
  • コンクリート圧送
  • トンネル推進工
  • 建設機械施工
  • 土工
  • 屋根ふき
  • 電気通信
  • 鉄筋施工
  • 鉄筋継手
  • 内装仕上げ/表装
  • とび
  • 建築大工
  • 配管
  • 建築板金
  • 保温保冷
  • 吹付ウレタン断熱
  • 海洋土木工

太字は令和2年2月28日に追加されたものです。

また、それぞれどんな仕事ができるか具体的に定められています。
主な業務内容を下記のようなものにする必要があり、関連する業務を行うことはできますが、業務の割合をしっかりと管理する必要があります。
もし、主な業務として設定されているものを超えてその他の業務を行ってしまうと不法就労になってしまいます。

職種主な業務内容
型枠施工①基準墨出し、型枠組立用墨出し、躯体・仕上げ用墨出し
②型枠下ごしらえ・加工、型枠パネル製作
③特殊型枠、PC 型枠製作
④型枠・型枠パネル組立て、特殊型枠・鋼製型枠等組立て、PC 版取付、鋼製デッキ等取付
⑤型枠用足場・支保工足場組立て
⑥型枠締付け・固定、型枠支保工設置
⑦コンクリート打設合番
⑧型枠・型枠パネル解体、特殊型枠・鋼製型枠等解体
⑨型枠支保工解体、型枠用足場・支保工足場解体
左官①壁塗り
②床塗り
③コンクリート面金鏝の仕上げ
④墨出し
コンクリート圧送①コンクリート圧送工事の段取り
②輸送管の配管(輸送管の判別・選定、輸送管閉塞時の対処を含む)
③コンクリートポンプおよび関連装置の操作(コンクリートポンプ故障時の修復箇所の判断およびその処置を含む)
④筒先作業
⑤圧送装置および輸送管の洗浄
トンネル推進工①立坑の築造、埋戻し
②地上設備・坑内設備の設置、撤去
③掘削
④管きょの敷設(撤去・更新・改築を含む)
⑤掘削土の処分
⑥コンクリート構造物の築造
建設機械施工①建設機械の走行操作
②押土・整地(押土、巻出し盛土、敷土(撒土)、伐開除根、岩石の移動・除去、埋戻し)
③掘削・運搬、積込み
④掘削・法面の仕上げ
⑤締固め(盛土・路盤・フィルダムの締固め、アスファルト舗装の転圧)
⑥杭基礎作業(杭の建込み・打設・埋込み)
⑦現場打ち基礎作業(障害物の除去、汚水プラントの設置、鉄筋かご加工場設置、機械器具の
運搬・組立て)
⑧切断・穿孔(アスファルト・コンクリート・割岩孔・静的破砕孔・ロックボルト孔・アンカ
ー孔の穿孔、ロックボルト・アンカーの挿入)
⑨重量物の揚重運搬配置
⑩建設機械の保守及び整備
土工(1)掘削
①人力、機械、火薬及び薬剤等による掘削作業
②押土、運搬、積込み等の土砂を移動する作業
(2)埋め戻し
①人力、機械等による埋め戻し作業
②敷き込み、敷均し、転圧、締固め等による表面、斜面の整形作業
(3)盛り土・切り土
①人力及び機械での盛り土・切り土作業
②盛り土・切り土した表面、斜面の整形作業
③塗布、植付け等の施工表面処理作業
(4)水処理
地下水の汲み上げ等の地盤改良工事作業
(5)コンクリート等の打込み
①人力、機械等による打込み、充填、締固め等の作業
②残コン処理作業
屋根ふき(1)屋根ふきの段取り
①瓦、化粧スレート等の選定
②現場寸法取り
③瓦、化粧スレート等の割付け
④下葺き材、桟木の施工(化粧スレート等は特殊工法のみ)の施工
(2)屋根ふき
1.瓦
①瓦合せ(一文字、刻み袖及び特殊がわらを除く)
②瓦ぶき用の土の練合せ
③瓦のふき上げ(緊結を含む)(本ぶき及び特殊がわらによる工法を除く)
④瓦ふき作業に伴う樹脂接着
2.化粧スレート等
①各所水切、化粧スレート屋根材等の取り付け
②化粧スレート屋根材等の取り付けに伴う樹脂接着剤、熱絶縁
③換気棟等の施工
④屋根の補修
電気通信①通信機器の設置・据付及び撤去
 通信機器の例:交換・伝送機器、IP 機器、端末機器、無線機器、アンテナ、電源装置 (受配
 電・エンジン・蓄電池・交流・直流・空調) 、基礎設備(ケーブルラック、二
 重床、架台等)
②通信ケーブル(屋内配線を含む)・電源ケーブルの敷設・接続・撤去
③通信機器設定/データ設定作業
④電柱の新設/撤去
⑤マンホール・ハンドホールの新設・撤去
⑥舗装の破砕・復旧
⑦配管(地中及び屋外)の新設・撤去
鉄筋施工①図面の読解(構造図、躯体図、鉄筋配筋図など)
②鉄筋の加工(機械加工・切断・曲げ)
③鉄筋の組立て(手加工作業を含む)
④鉄筋組立後の確認(自主検査等)
鉄筋継手①鉄筋端面加工作業
②鉄筋支持器、溶接治具等の鉄筋取付け
③圧接器等の取付け・脱着
④鉄筋の継手
内装仕上げ①下地の点検及び調整
②仕上げ材の選定
③内装仕上げ材の採寸、割出し、割付け及び墨出し
④壁下地・天井下地の組立て
⑤天井・壁・床の仕上げ
と び①足場の組立て及び解体作業(丸太足場、単管足場、枠組足場、その他の足場、足場に取り付ける養生設備)
②仮設の建築物の組立て及び解体作業(仮囲い、工事用仮設建築物、架設通路、構台、土止め・型枠支保工)
③掘削工事作業(根切り)(布掘り、溝掘り、段掘り)
④地業作業(玉石地業、割栗地業、砂利敷地業、杭打ち・杭抜き地業、その他の地業)
⑤矢板、腹おこし、切りばりによる土止め、連続土止め壁による土止め、その他の土止め
⑥建築物の組立作業(木造建築物、鉄骨建築物、その他の建築物)
⑦コンクリート打設作業
⑧重量物の運搬作業
⑨建築物の解体作業(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、その他の建造物)
建築大工①墨付け作業
②躯体の製作・組立作業
③部品・部材の製作作業
④部品・部材の組立作業
⑤部品・部材の取り付け作業
⑥防水作業
⑦断熱作業
⑧既存建築物の調査・修繕作業
配 管①配管施工図の読解
②材料どり
③配管の加工(配管加工・切断・曲げ・接合)
④配管の組立て、取り付け
⑤配管組立後の確認(水圧試験)
建築板金(1)内外装板金作業
① 内外装板金工事の段取り作業
②切断・曲げ等による直角、複雑な形状等及び曲面のある板金製作作業
③屋根・雨どい等の外装作業
④壁・天井等の内外装作業
⑤飾り金物の製作・取付作業
⑥内外装板金接合作業
⑦内外装板金製品の組立て作業
⑧内外装板金加工用機械の操作及び調整作業
⑨内外装板金用器工具の選択及び取扱い作業
(2)ダクト板金作業
①ダクトの製作作業の段取り作業
②複雑なダクト類の湾曲した部分及び分岐した部分の板金作業
③各種相貫体の板金作業
④はぜ組みによるダクトの接合作業
⑤リベット締めによるダクト製品の組立て作業
⑥ダクト製作用器工具の選択及び取扱い作業
保温保冷①保温保冷工事用材料の取付け及び充てん作業
②補助材の取付け作業
③防湿材の取付け作業
④外装仕上げ作業
吹付ウレタン断熱①現場段取りの構築
②吹付け硬質ウレタンフォーム断熱工事作業
③品質管理作業
海洋土木工人 力、機械、作業船等により以下の作業を行う。
(1)しゅんせつ作業
(2)地盤改良作業
(3)埋立・揚土等作業
(4)杭・矢板等の打込み作業
(5)基礎石等の水中投入・均し作業
(6)コンクリートブロック等の製作工事
(7)重量物の運搬据付作業
(8)現場コンクリート打込み作業
(9)舗装作業

特定技能ビザを取る条件

技能実習2号を修了するか、特定技能試験と日本語能力検定4級(N4)に合格する必要があります。
ただし、試験の実施状況や試験を受けられる人数から、試験を受けての特定技能ビザの取得はあまり現実的ではありません。
よって、技能実習2号を修了するというのが最も現実的でしょう。

特定技能ビザを取る手順

1.技能実習2号の修了
特定技能ビザを取りたい外国人に技能実習2号を良好に修了していただきます。
2.募集・面接・雇用契約
日本人の採用と同様に募集、面接、雇用契約を行います。
また、技能実習生をそのまま特定技能外国人として採用する方法もあります。
3.面談・契約の締結
弊所で面談を行い、ビザ申請のための契約を締結します。
4.支援計画策定
弊所で外国人の支援計画を策定します。
登録支援機関に支援を委託する場合は登録支援機関が支援計画を策定します。
5.ビザ申請
弊所で入管にビザの申請をします。

必要書類

  • 申請書
  • 証明写真
  • 雇用条件書
  • 支援計画書
  • 健康診断個人票
  • 事前ガイダンス確認票
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 納税証明書

など、その他にも多数の書類が必要です。

建設特定技能受入計画の認定証についてはこちらをご参照ください。

その他建設業の特定技能ビザを取る際の注意

他の業種と違い、建設業の特定技能を取るためには「建設特定技能受入計画の認定証」の写しを提出する必要があります。
こちらを取るためにはあらかじめ準備が必要なので、早めにご依頼をいただきたいと思います。

また、建設特定技能受入計画の認定証の条件として
1. JACへの加入またはJACの正会員の団体への加入
2. 建設業許可の取得
3. 建設キャリアアップシステムへの加入

などがあります。

どれも時間がかかるものなので、ビザ申請の2~3か月前には準備を始める必要があります。

これらへの加入のご相談についても承ります!

お問い合わせ

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com