このページでは企業内転勤ビザの説明をします。

企業内転勤ビザの条件

企業内転勤ビザを取るにはいくつかの条件があります。

1.日本で働く予定の企業と関連がある海外企業に1年以上在籍していること

2.日本で働く内容と同じ内容の業務を海外の企業で経験していること

3.日本で働く内容が技術・人文知識・国際業務ビザで認められる業務内容であること
 ※詳しくは技術・人文知識・国際業務ビザのページもご覧ください。

技術・人文知識・国際業務ビザと違い学歴の条件はありません。
逆に、海外の企業で1年以上の業務経験がないが学歴がある場合は技術・人文知識・国際業務ビザの申請をすることをお勧めします。

関連がある企業とは?

本店や支店への異動や親子関係がある会社、親会社や子会社、孫会社、関連会社などの資本関係がある企業への異動が対象となります。
また、過去には同一の人物が株式を100%所有している場合に関連企業として認められた事例もあります。

逆に資本関係がなく、単に取引先や人材の派遣といった場合には、この企業内転勤ビザは認められません。

認められる業務の内容

認められる業務の内容は、技術・人文知識・国際業務ビザと同じです。

エンジニアCADオペレータープログラマ
営業経理マーケティング
人事労務生産管理デザイナー
ホテルのフロント業務英会話講師翻訳
通訳

ここに記載のものはあくまでも一例です。
他にも認められる業務内容はあります。
また、逆に今までは認められていましたが、認められなくなるもの、管轄によっては認められないものもあります(例えば、福岡入管では上記のうち経理の業務は認められません)。

企業内転勤ビザの申請に必要なもの

1.在留資格認定証明書交付申請書 1通

2.写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3.法定調書合計表 1通

4.申請人の活動の内容等を明らかにする次のいずれかの資料
(1)同じ法人に転勤する場合は以下のいずれか
 ・転勤命令書の写し 1通
 ・辞令等の写し 1通

(2)違う法人に転勤する場合は以下のいずれか
労働条件通知書または雇用契約書 1通

5.転勤前に勤務していた事業所と転勤後の事業所の関係を示す次のいずれかの資料
(1)同一の法人内に転勤する場合
外国法人の支店の登記事項証明書等当該法人が日本に事業所を有することを明らかにする資料

(2)日本法人に出向する場合
当該日本法人と出向元の外国法人との出資関係を明らかにする資料 1通

(3)日本に事務所を有する外国法人へ出向する場合
・当該外国法人の支店の登記事項証明書等当該外国法人が日本に事務所を有することを明らかにする資料 1通
・当該外国法人と出向元の法人との資本関係を明らかにする資料 1通

6.申請人の経歴を証明する文書
・関連する業務に従事した機関及び内容並びに期間を明示した履歴書 1通
・過去1年間に従事した業務内容及び地位,報酬を明示した転勤の直前に勤務した外国の機関(転勤の直前1年以内に申請人が企業内転勤の在留資格をもって本邦に在留していた期間がある場合には,当該期間に勤務していた本邦の機関を含む。)の文書 1通

7.登記事項証明書 1通

8.直近の年度の決算文書の写し 1通

手続きの流れ

無料相談
電話にて無料相談を行い、その後面談を行います。
契約の締結
契約内容のご納得いただけましたら、ビザ申請のための契約を締結します。
書類の作成及び収集
弊所で必要書類の作成します。
一方でお客様には学校関係資料や企業様の資料を集めていただきます。
入管への書類提出
行政書士が入管へ書類を提出しに行きます。
新しい在留カード・在留資格認定証明書の受取
行政書士が新しい在留カードまたは在留資格認定証明書を受け取りお客様にお渡しします。

ビザ申請の費用

申請費用収入印紙代(許可になった場合に必要)
在留資格認定証明書交付申請110,000円(税抜き)0円
在留資格変更許可申請           110,000円(税抜き)           4,000円
在留期間更新許可申請30,000円(税抜き)4,000円

着手金として半額お支払いいただき、残りは申請後にお支払いいただきます。

着手前に全額お支払い頂けた場合は、在留資格認定証明書交付申請と在留資格変更許可申請は10,000円(税抜き)引きさせていただきます!

弊所で不許可になってしまった場合でも、無料で再申請が可能です!
お客様が納得するまでお手続きをお手伝いします!
※申請人の法令違反やビザに合うお仕事がない場合、入管から許可の見込みはほとんどないと言われた場合は弊所の判断でお手続きを終了する場合があります。その場合でも最低1回は再申請のお手続きをさせていただきます。

お問い合わせ

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com