海外にいる外国人を中長期ビザで日本に呼ぶために必要な申請です。
その名前の通り「在留資格認定証明書」を交付してもらうための申請です。
一般的にビザ申請といわれますが、厳密にはビザ申請は下記のうち海外の日本大使館や領事館で行うもののことです。
ですが、本ページではこの在留資格認定証明書交付申請もビザ申請と呼びます。

海外にいる外国人を呼ぶ手順

在留資格認定証明書を取得する
日本で働く場合は企業が、家族を呼びたい場合は日本に呼ぶ側の人が入管に申請をします。
私たち行政書士が専門的に行う申請です。
在留資格認定証明書を日本に来る予定の外国人に送る
郵送などで海外にいる外国人に在留資格認定書を渡します。
海外の日本大使館・日本領事館でビザの申請をします
この際、在留資格認定証明書や履歴書を提出します。
ここで日本の入管に提出した書類に書かれた履歴と履歴書に書かれた履歴が食い違うとビザが取れないことがあります。
パスポートにビザを張ってもらって日本に入国
ビザとは正確には日本の大使館・領事館で日本への入国が認められた際にパスポートに貼られるシールのことです。
パスポートにビザのシールを張ってもらったらそのまま日本に入国します。

在留資格認定証明書交付申請をする前に!

まずは、どの種類のビザを取るかを確認しましょう。
ビザの種類によって日本で活動できる内容やビザの条件が変わってきます。

まずはここのページでどのビザを取るか検討してみましょう。
就労系のビザをご希望の場合もどの種類のビザを取るかをまず確認しましょう。

お問い合わせ

ビザの種類や手続きの種類によって申請手順や費用も変わってきます。
まずは無料相談にてお話をお聞かせください。

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com