終活とは、自分の死後の事務処理を簡潔にするための準備です。
多くの人は自分の死後に親族がトラブルに合わないための手続きと考えています。
もちろん、そういったメリットもありますが、自分の財産を把握して計画通りに使い、残りの人生を有意義にするといった側面もあります。
特に任意後見にはそういった側面が強いでしょう。
遺言書や死後事務委任にも安心して老後を生活するためといった側面もあります。

任意後見サービス
遺言書作成サービス
以後事務委任契約

任意後見サービス

自分の判断能力が十分あるときは、私生活について他人の干渉があることは、たとえ身内であっても好ましく感じない方が多いでしょう。
しかし、高齢による認知症など様々な原因から判断能力をなくすことが多く、その際は頼れる方または専門家にその判断を任せた方が安全といえるでしょう。
年々高齢化が進み、なかなか身内に任せることができない方が増えてきています。また、身内には迷惑をかけたくないと躊躇する方もいらっしゃいます。

そこで、行政書士など法律に携わる専門家にその依頼をするという選択肢も増加しているように思います。
任意後見については、特に資格がない方でも行うことはできますが、様々な契約の代理を行う必要性から、一定の資格を持った専門家に依頼する方が良いかと思います。

まだ判断能力は十分にあるが今後が心配という方、既に判断能力が十分にない方どちらにも任意後見サービスは対応が可能です。
少しでも不安に思うことがあれば一度ご相談いただければと思います。

また、お父様やお母様、ご両親と離れて生活されている方にとって、健康状態などの生活状態を気にされている方が多くいらっしゃいます。
そういう方にとって弊所の任意後見サービスには見守り業務も含まれていますので、ご安心いただけると思います。
任意後見サービスを開始する前でも、見守りサービスのみをご利用いただけますので、ご希望に合わせてご相談ください。

遺言書作成

自分の死後に自分の財産を自分の希望どおりに相続や遺贈するためには、遺言書が非常に有効です。
また、自分の意思を遺すというのも遺言書の重要な役割です。

しかし、遺言書の書き方や内容を、法令に定められたとおりにしていないと、遺言書そのものの効力がなくなってしまいます。
また、遺言ですべて自分の思いどおりに相続や遺贈をすることができない場合もあります。

これらのことを十分理解したうえで、でき得る限り遺言者の意思どおりに遺言書を作成するには、やはり専門家に相談することが一番の近道であると思います。
また、遺言書の作成以外にも終活サービスを合わせて相談できるというのも、専門家に相談するメリットです。

死後事務委任

自分の死後に不動産や預金などの財産の処理、ペットの受渡、生前に行った契約の処理などを親族ではなく専門家に任せるサービスです。

具体的な処分方法をある程度ご指定いただくこともできますが、処理方法が分からない案件をお任せいただいたり、車などの処理が大変なものについても、親族に負担がかかることを防ぐために、あらかじめ死後事務委任契約を締結することがあります。

近年は終活がメディアでも取り上げられるなどにより多くの人に認知されてきました。
遺言や相続などは以前から広く認知されていましたが、死後事務委任契約にも注目が集まっています。

死後事務処理については身寄りがない方や親族に負担をかけたくないと考える人には非常に有用だと思います。
ご興味があれば、一度ご相談いただきたいと思います。

お問い合わせ

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com