新型コロナウイルスの影響で、解雇されてしまった方や内定を取り消されてしまった方が多くいらっしゃいます。
そういった方々のためのビザ申請のご相談を承ります。

対象のビザの種類

技術・人文知識・国際業務(就労ビザ)、留学ビザ、特定技能ビザ、技能実習ビザ、短期滞在ビザなど対象は様々です。
どのようなビザ(在留資格)をお持ちでも一度ご相談ください!

対応例

1.解雇された方や内定取消になった留学生
1.再度の就職活動の支援
解雇されてしまった外国人や内定取消しになってしまった留学生には入管でのマッチング支援を受けられます。その支援を受けるための手続きのお手伝いや、再就職先を探す際のアドバイスを行います。
2.ビザ申請
再就職先が決まったらビザ申請をします。
就職先の業務によっては、今までの就労ビザで認められなかったものについて特定活動ビザを取って働くことができます。
3.その後のご相談(アフターフォロー)
特定活動ビザを取った方については、その後に特定技能ビザを取るための準備が必要です。
その準備についてのご相談も承ります(特定技能ビザの申請については別料金です)。
2.特定技能ビザを取りたいが準備ができない方
1.特定活動ビザへの変更
今持っているビザ(在留資格)から特定活動(4か月)のビザに変更します。
この特定活動は働くこともできます。
2.特定技能ビザの準備
特定活動ビザになった後は働きながらビザの準備をします。
特定技能ビザの申請については別料金となります。

費用のお支払いについて

新型コロナウイルスの影響で仕事ができなくなってしまった方についてはお支払いが難しいという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、雇止めや内定取消になってしまった方については、料金の後払いや分割でのお支払いに柔軟に対応いたします。
ご希望がございましたらお気軽にお問合せください。

料金

料金
特定活動ビザへの変更60,000円(税抜き)
ただし、先払い、かつ、一括払いのお客様は10,000円引きさせていただきます。
短期滞在の更新や特定活動ビザの更新30,000円(税抜き)
※その他収入印紙費用がかかる場合があります。

まずは無料相談から!

まずは無料相談のためにお電話ください。
どのようのご相談でもお気軽にお問合せください。

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com