事業を始める場合、会社を設立するかやどの会社の種類にするかなど疑問もあると思います。

また、外国人が日本でビジネスを行う際は、ビザを申請するためにも会社設立をすることが選択肢に入ります。
ビザ申請と含めてご相談いただけます。

まずは株式会社と合同会社の違いを見てましょう。

株式会社

株式会社の特徴は設立時に定款認証が必要なこと、一定期間ごとに登記申請が必要なことなどがあります。

合同会社と比べて、初期費用やその後の継続費用が多くかかります。
ただし、年に1回の提示株主総会を開くことなどから、銀行などでの信用は高く、費用の調達がしやすいといったメリットもあります。

合同会社

合同会社は株式会社とは違い、設立時に定款の認証が必要ありません。

また、会社の事情が変わった際にしか登記は必要ありませんので費用も安く済みます。

会社の規模を大きくすることは考えず、まずは低予算で始めたい方にお勧めです。

手続きの手順

無料相談
定款作成
お客様のご納得がいただけるまで定款の作成をさせていただきます。
株式会社の場合は、その後に公証役場で認証を行います。
会社設立
設立登記については弊所ではできません。
司法書士などをご案内させていただきます。
その他の手続きのご相談
各種許認可の手続きのご相談や経営・管理ビザの申請のご相談など、会社設立後の手続きについてのご相談も承ります。

料金

報酬(税抜き)実費
株式会社80,000円201,940円
合同会社80,000円60,000円

お問い合わせ

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com