コロナウイルスの影響で解雇されてしまった外国人(ビザについて)

新型コロナウイルスは日本経済にとって大きな打撃となっています。
そのため、就労先から解雇されてしまった外国人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

日本では、会社の都合により解雇されてしまった場合に備えた保険制度があるので、お金に関してはまず役所など行政機関を頼るのが良いかと思います。

一方で、外国人にとって重要なものに、日本に滞在するためのビザの問題があります。

せっかく内定をもらったにもかかわらず、就労ビザ(技術・人文知識・国際業務など)に変更する前に内定が取り消された方
就労ビザをせっかく取ったのに、解雇され、新しい職場が見つからずにいる方

そういう方については一度特定技能への変更のための「特定活動(就労可)」を取得してみるのはいかがでしょうか?

特定技能には試験を受けたり申請書類を準備したりと本来は大変多くの時間を要します。
この特定活動ビザは最大1年間、就労をしながら、特定技能ビザを取る準備をすることができます。

更に、こちらを利用しつつ、政府のマッチングサービスも利用できます。
もちろん、自分で就職先を探すこともできます。

気になった方は一度お電話でご相談ください。

まずは無料相談から!お気軽にお問い合わせください。070-8337-6639受付時間 9:00-19:00 [ 土・日・祝日除く ]
営業時間以外のご連絡もお待ちしております。(営業時間内より電話はつながりにくくなります。電話がつながらない場合は下記メールアドレスよりお問い合わせください。
mail:info@raison-law.com

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です