コロナウイルスと技能実習生

技能実習は研修を目的とした在留資格ですが、受入機関とは雇用契約のもと実習先で働いています。
なので、コロナウイルスの影響で休業や解雇になった場合は給付を受ける制度があります。

給付を受ける条件

1. ハローワークへの求職の申し込み
2. 雇用保険被保険者期間が12ヶ月以上あること(6か月に短縮される場合もあります)

給付を上ける手順

https://www.otit.go.jp/files/user/docs/200630-9.pdf 厚生労働省より

外国人も日本人と同じように、このような制度の対象となるので、困ったら制度の利用を検討してみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です