コロナウイルスと留学生

留学生の中でも学校を卒業し、母国にも帰れない人にとってアルバイトができないと生活費はもちろん、帰国にも支障が出ます。
また、就職の内定をもらってもなかなか就職できない人や就職活動を続けている人にもアルバイトは重要な収入源です。

そこで2020年5月21日より、留学の在留資格の期限が残っていて資格外活動許可を取っている場合は引き続きアルバイトをすることができるようになりました。

また、帰国困難者には「特定活動(6か月)」が許可されることになりました。
この特定活動においても28時間以内のアルバイトが可能です。

コロナウイルスに関する対策は様々ありますので、困ったらまずは専門家に相談してみましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です